髪バナ

arche+ 6月号【髪バナ2 (no.28)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。雨の多い季節になり、髪の広がりなどの “湿気によるクセ毛の暴走” をなんとかしようと、ストレートパーマを注文される方が増えてきました。髪型がきまらないと気分も憂鬱になりますもんね。 さて、このクセ毛ですが、エイジングによっても発生するというのをご存知ですか?今回は、エイジングによるクセ毛のお話をしたいと思います。

まず、くせ毛の原因は大きく分けて4つあります。

1. 遺伝によるクセ毛
2. 思春期ころに出はじめるクセ毛
3. 食生活の乱れからのクセ毛
4. 年齢を重ねることによる40歳前後から出はじめるクセ毛

1、2に関しては、自分でくせ毛であることを自覚できます。3は、クセだけでなく、髪が細くなったり量が減ったり、毛穴に異常がでることもあります。いくらメイクやファッションに気をつかっていても、髪の状態で生活習慣がバレてしまう…なんてことも(汗)
そして4は、30代くらいからゆっくり徐々にクセが出てくる場合が多いです。特に、タイに住んでいると硬水で髪がパサつきやすくなるので、この “エイジングによるクセ毛” と、水や紫外線からのダメージ毛が見分けづらかったりします。カラーやパーマ毛でないにも関わらず、髪がバサバサし、クセがあって、艶なくフワフワする毛をタイ生活によるダメージ毛だと勘違いしている方が多いです。
もちろんカラーやパーマをした髪や、紫外線によるダメージを受けた髪にはトリートメントが有効ですが、髪のダメージが少ないクセ毛さんの場合は、弱めのストレートパーマをかけることで、サラッと艶やかな髪にすることが出来ます。URU SALONでは、トリートメント成分たっぷりの髪に優しいストレートパーマが人気です。

お肌と同じで、髪の状態も年齢と供に変化します。クセ毛かダメージか、ご自分で判断がつかない時は、気軽に美容師さんに聞いてみてくださいね。

arche+ 5月号【髪バナ2 (no.27)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。このところ紫外線がとても強い日々が続いていますね。そんな中、お肌はUV対策ばっちりでも、髪の方はほったらかし…という方も多いと思います。髪や頭皮にとっても紫外線は大敵です。今回は、どんなことに気をつければ髪が傷まないか、また傷んで見えないかをお話をしましょう!

美容室での紫外線対策
紫外線の髪と頭皮に対する影響としてあげられるのが (1)パサつき (2)カラーの退色 (3)地肌の日焼け…の3点です。
(1)の対策としては、美容室でカットをする際、レイヤーを入れすぎない、毛先をすきすぎない、重めのスタイルを注文するようにしましょう。これだけで、髪がパサついて見えにくくなります。
(2)の、カラー退色で髪が傷んで見えることを防ぐためには、1トーン暗めの落ち着いたカラーとトリートメントを組み合わせて注文することで解決しましょう。 お肌の紫外線対策と同じで、髪にたっぷりの水分と栄養が入っていれば、紫外線で乾燥してパサつくこともありません! URU SALONの場合は、オーガニックカラーに天然トリートメントオイルを配合していますので、毛先まで色鮮やか、艶としっとり感をだすことができますよ。

普段の紫外線対策
 地肌が日焼けすると、毛穴に異常が出て健康な髪が作られません。髪を結ぶ時は、分け目がつかないようして、地肌の日焼けに気をつけましょう。いつも同じ分け目で髪を結んでいる方は要注意です!
旅行やスポーツなどで、屋外に長く出て紫外線を多く浴びる場合は、UVコーティングの入ったセット剤をつけることも有効です。手軽なものとして、髪用のUVカットスプレーなんてのもあります。外出時にさっとスプレーするだけで、髪と頭皮を守ってくれます。詳しくは美容師さんに相談してみてくださいね。

arche+ 4月号【髪バナ2 (no.26)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。すっかり酷暑まっしぐらな今日この頃…。日本ではようやく春というところでしょうか。今回は日本の2017年春夏トレンドをご紹介しますね!

まずヘアスタイルのトレンドから。春夏シーズンは、顎ラインより少し長めのボブと、セミロングのグラデーションスタイルが人気です。これらに共通しているのは、セットした感じが出ない“ナチュラルスタイル”だということです。このようなヘアスタイルは、最初にすきバサミで髪に動きを出しながら毛量を減らし、毛先も軽くした後、ゆるいパーマをかけて無造作な“ナチュラルヘア”を作りだします。


ただ、この“ナチュラルヘア”には、髪がパサついたり傷んだようにみえやすいという弱点もあります…。そこで、春夏のトレンドカラーは、この点を補うためのナチュラルなヘアカラー、“暗髪”です。5~7トーンの深みのあるダークカラーにすることで、髪色が落ち着いてキレイに見え、ツヤも出ます。これで無造作ヘアにしてもパサついたり傷んでいるようにみえなくなります。色味としてはマロンブラウン、ピンクベージュなどの春らしい暖色系がツヤも出やすく人気です。
タイでは、日本のトレンドをベースに、ショートヘアは顎ラインより上、ミディアムは結べる長さをオススメします。カラーは6~8トーンで、日本よりも若干明るめがいいと思います!
冬にかけたまま髪に残るパーマやデジパを活かして、傷んで明るくなりすぎた色をトーンダウン、さらに自然なメッシュを入れることで立体感を出すのはいかがでしょうか。夏らしくふんわり軽やかに!


セット剤には、シアバターを使った天然ワックスがオススメです。天然のシアバターなので、香りもよく、手に付いた分はハンドクリームになります。ただ、天然系のワックスはセット力が弱かったりベトつきやすいので、注意が必要ですね。

arche+ 3月号【髪バナ2 (no.25)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。気がつけば、タイはあっという間に夏になりましたね。ソンクランに向けて湿度が上がってくると、髪がまとまらない季節へ突入です…。この時期URU SALONでは、ストレートパーマをやる方が一気に増えます。湿気で髪がまとまらなくなるクセ毛さんにとって、ストレートパーマは一番手軽な解決策になるからです。(※詳しく『髪バナ』のバックナンバーを見てみてください!)

そんな中、気になるのが “かくれクセ毛” の方です。自分は直毛だと思っていても、雨季になると「フワフワまとまらない直毛」「ツヤがない直毛」「ゴワゴワする直毛」に変身する方は “かくれクセ毛” さんです。実は、こういう方にもストレートパーマはとても有効なんです。
こういう方は、弱めのストレートパーマをかけることで、ツヤと手触りがアップし、スタイリングの簡単な髪を手に入れることができます。「でも、ストレートパーマは傷むでしょう?」と思われた方も多いと思います。これは、美容室を選ぶ時に、髪に優しいストレート剤を使用しているお店を選べば解決します。例えば、URU SALONのストレート剤はトリートメント効果がとても高いので、変なクセが出ないように髪を毎日ブローをするよりはダメージが低く抑えられます。縮毛矯正ではないので真っ直ぐになりすぎる心配もありません。また、ブローの場合は湿度で簡単に戻ってしまうクセ毛が、ストレートパーマにすると湿気や雨でも戻りません。


今までストレートパーマをやったことがないという方も、気軽に美容師さんに相談してみてください!

arche+ 2月号【髪バナ2 (no.24)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。今年のURU SALONの新メニューとして、『髪に徹底的に栄養を補給する!』というコンセプトの“3Dトリートメント”を開発しました。“3Dトリートメント”とは、パーマやカラー、ストレートといった薬剤を使った施術と併せておこなうトリートメントなのですが、薬剤を使う前、薬剤使用中、使用後の3回に分けて、3種類のトリートメントを使用するという贅沢なメニューです。1日に3回もトリートメントをしますので、髪にはたっぷりと栄養が補給されます!早くも色々なお客さまにお試しいただいているので、今回は施術例をご紹介しますね。

● 髪データ : 髪が細くて、クセ毛
● 髪の状態 : 毛先がパサつきだし、以前かけたデジタルパーマが扱いにくくなってきた。イメージを変えたくてストレートパーマに挑戦!
● 施術 : まずは、1つめのトリートメントで髪の内部に栄養を補給し、薬剤施術前の大切な下地づくりをします。次にストレートパーマ液と併せて2つめのトリートメントをすることで、薬剤による傷みから髪を保護。仕上げに3つめのトリートメントで、毛先を中心に栄養を閉じ込めます。URU SALON名物、ツヤツヤストレートのできあがり!なるような手触りに!

● 髪データ : 髪の太さは普通、直毛
● 髪の状態 : 毎月カラーのリタッチと併せてきちんとトリートメントをしているので髪の状態は良好。毛先の方が少し褪色気味。
● 施術 : カラー剤は、ハイトーンのゴールドを。髪をきれいに伸ばしたいとのことで、3Dトリートメントの“ディープトリートメント”を施術!

Facebook
Instagram