髪バナ

arche+ 11月号【髪バナ2 (no.33)】

No.33 セットがうまくできないのはなぜ?

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。今回は、自宅での髪のセットについて書いてみたいと思います。
URU SALONでもよく聞くお客さまの声に、「サロンで美容師さんにセットしてもらうとキレイに決まるのに、自分では再現できない」というのがあります。この理由は何でしょうか?「それは、美容師さんがプロだからでしょ!」とお考えの方が多いように思います。でも、これは間違いで、原因は『髪の乾かし方』にあるのです。ですから、この乾かし方さえ学べば、ご自宅でもサロン帰りのようなセットができるようになりますよ! 必要な道具はドライヤーとブラシです。

1.髪を根元から完全に乾かす
様々な髪質の方がいらっしゃいますが、髪を乾かす上での 基本は、 最初に髪の根元を乾かすことです。根元を乾かすようにドライヤーをあてると、毛先も自然と乾きます。毛先の方が先に乾いてしまった状態で根元を乾かすと、髪が乾きすぎてパサパサになってしまいます。また、ボリュームが出やすい人、癖があって膨らむ人は、不自然に引っ張りながら乾かすことをしがちですが、まずは自然に乾かしましょう。

2.髪を根元から立ち上げる
根元部分が乾いたら、ドライヤーの風を根元にあてながら、ブラシで毛の向きに逆らうように髪を梳かしていきます。そうすると、髪が毛穴から自然に立ち上がります。イメージ的には毛が地肌と垂直になるように起こしてあげる感じです。この時、髪の量が多い人などは髪がボワッと膨らんでしまいますが、気にしないでください。

3.毛先の方をブローして全体を整える
これで、生え際の癖が取れ、前髪にも自然な立ち上がりがつきます。その後は、髪をまとめるように毛先を軽くブローし、アイロンやワックスでスタイリングをすればサロン帰りのような髪になります。
また、面倒くさがり屋さんや、ショートカットの方は、下を向きながらドライヤーをあてることで、12のステップを同時に行うことができますよ!

12が終わった状態で寝て、3は朝起きてからでも大丈夫です。根元を完全に乾かし、毛を立ち上がらせた状態にしておくのが重要です。

相浦 秀郎 (ヘアスタイリスト)
日本では、全国に多店舗展開する某サロンにて美容師としての経験を積む。入社して瞬く間に店長・エリア責任者となり、多くの新店舗立ち上げにも携わる程の実力者。2014年より来タイ。幅広い年齢層を顧客にもち、特にカットスピード、技術が高く評価されている。URU SALONバンコク店常駐。

arche+ 10月号【髪バナ2 (no.32)】

No.31 ダメージヘアは蘇る?

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。今回は、ヘアカラーにまつわるあれこれを書いてみたいと思います。

日本人の髪型はここのところ “外国人風” がずっとトレンドになっていますね。外国人風のゆるふわクセ毛をパーマで再現したり、アイロンやカーラーでふんわりとした前髪を作ったり…と、日本人の “外国人風” への追求はすごいです。ヘアカラーも、今年は外国人風のカラーがトレンドです。どういうものかというと、アジア人独特の髪の赤みを抑えた上でカラーを入れるというもので、透明感のある、ナチュラルな外国人風髪色ができるのです。

私が日本にいた時に勤務していた表参道のサロンでは、『カラーリスト』というポジションにいました。毎日何人ものカラーをしていて出てくる、「こういう色があればなぁ」という色を自分で調合して作り、「いい色のレシピができた!」と思って使っていると、半年〜1年後、その色が正式にメーカーから販売される…ということが何度かあり、「流行が追いついた!」と、得意げになっていたのを思い出します(笑)。
場所柄、お店には芸能人のお客さまも沢山いらっしゃいましたが、カラーリストとして、ある大物女優の旦那さんのカラーを担当する時が一番神経を使いました。その方は、カラーをした際に、頭皮にカラー剤が付着することを嫌っていましたので、帰宅後に奥様である女優さんが頭皮をくまなくチェックするのです。ほんの1mmでもカラーが付いていると、ものすごいクレームが入るので、“髪の根元まで完璧に染めつつ、頭皮には一切薬剤をつけない” 塗り方がとても上達しました。今となってはいい思い出です。
この塗り方を “ゼロタッチ(またはゼロ塗布)” といい、コームを使って、根元から綺麗にカラー剤を付けます。肌荒れや敏感肌でヘアカラーを諦めている方、またはかぶれやすいという方にもオススメです。ただ、この塗り方には技術が必要なため、かなりの練習と時間がかかり、やらない美容室が多いです。URU SALONでは、スタイリストだけでなく、アシスタントもこの技術を持っていますので、カラー剤との相性でお悩みの方は、ぜひご相談くださいね。

布施 一明 (ヘアスタイリスト)
表参道の某有名サロンに勤務したのち、オーストラリア、カナダで経験を積み、あらゆる人種の髪を手がける。 ヘアの国際大会、ヘアアジアパシフィックのカット部門で準優勝。スタイリストでありながら毛髪診断士の資格を持ち、抜け毛や薄毛など髪の健康に悩むお客さまのカウンセリングもおこなう。URU SALONバンコク店店長。

arche+ 9月号【髪バナ2 (no.31)】

No.31 ダメージヘアは蘇る?

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。今回は 『髪のダメージ』 について、お客さまの事例を取り上げながら書いてみたいと思います。

ダメージヘアに悩まれているお客さまの中で深刻なものは、やはり縮毛矯正とデジタルパーマによるダメージでしょうか。両方とも、とても強い薬剤を使う施術ですが、「ストレートは縮毛矯正じゃなきゃ嫌!」という方もいらっしゃるかと思います。そういう方は、価格や手軽さではなく、髪に優しい薬剤を使ってくれる美容室をきちんと選ばれることをおすすめします。
URU SALONで、「髪がサラサラになった」「まるでトリートメントしたみたいな手触り」と大人気のストレートパーマ “シルクストレート” ですが、ありがたいことに、その評判を聞きつけてご来店される方が増えています。その中で、「デジタルパーマで毛先がバサバサになってしまったので、シルクストレートでサラサラにしたい」「縮毛矯正のやりすぎで髪がチリチリになってきたので、シルクストレートでツヤを取り戻したい」というお客さまが何名かいらっしゃいました。…しかし、強い薬剤でオーバーダメージを受けた髪は元に戻りませんので、切るしかなくなってしまいます。トリートメントを薬に例えるならば、薬によって病気の方を回復させたり、常に服用することで病気の症状を抑えたり、体調を整えたり…ということはできますが、死んでしまった人を生き返らせることはできません。それと同じなのです。そういう方には、とりあえず傷んだ部分(主に毛先)を切った上で、トリートメントでケアしながら時間をかけて美しい髪を育てていくという方法をおすすめしています。

また、ダメージ以外では、タイの水である硬水の中に含まるミネラル分等が髪に付着したり、汚れた空気からチリやホコリが髪に付着することで、髪がバサバサになったりします。これは髪が傷んでいるわけではありませんので、ご安心くださいね。
大切なのは、なるべくダメージを受けないように、どのくらいの間隔をあけてカラーやパーマをするか、担当の美容師さんときちんと相談しながら自分の髪と向き合うことはもちろん、自分でも日々のケアをし続けてあげることです。まさに、『美髪は一日にしてならず!』

布施 一明 (ヘアスタイリスト)
表参道の某有名サロンに勤務したのち、オーストラリア、カナダで経験を積み、あらゆる人種の髪を手がける。 ヘアの国際大会、ヘアアジアパシフィックのカット部門で準優勝。スタイリストでありながら毛髪診断士の資格を持ち、抜け毛や薄毛など髪の健康に悩むお客さまのカウンセリングもおこなう。URU SALONバンコク店店長。

arche+ 8月号【髪バナ2 (no.30)】

No.30 タイでの髪の健康について

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。毎日いろいろなお客さまとお話をさせていただいている中で、「タイに来て抜け毛の量が増えた」という声をしばしば耳にします。原因としては、日本との生活環境の違いや、それが原因のストレス、食生活の変化などがあげられますね。そうはいっても、生活環境を変えたり、ストレスをなくすことは難しいので、変えやすい、食生活から見直してみませんか。

脱毛の原因は頭皮にもあります。頭皮によくない食べ物には以下のようなものがあります。

  • 甘い食べ物を食べ過ぎると、頭皮の回復力が落ちる
  • 油っぽいものを食べ過ぎると、頭皮に悪い菌が増殖する
  • 辛いものを食べ過ぎると、頭皮に炎症やかゆみがでる

…これって、タイ料理全般ですよね(苦笑)。でも誤解しないでいただきたいのは、“食べ過ぎ” がよくないという点です!
あと、最近よくいわれているのが、「亜鉛・ビタミンA・ビタミンB群の欠乏は脱毛の原因になりやすい」ということです。特に亜鉛の極端に欠乏は、脱毛を招きます。亜鉛は、牡蠣、ひじき、海苔、きな粉、味噌、豆腐などに多く含まれますので、積極的に摂取しましょう。
以下のチェック項目で○の数が多い方は、どんなに高価な育毛剤やシャンプーを使用しても脱毛しやすい体質になってしまっている可能性がありますので、男女問わずご注意くださいね。

  1. 親族に脱毛症の人がいる
  2. 食生活が乱れている
  3. 睡眠時間が6時間以下である
  4. ストレス多い生活を送っている
  5. 頭皮が硬い
  6. 定期的に運動をしない
  7. 飲酒の頻度が多い
  8. 喫煙者である
  9. 頭皮がかゆい or フケが出る
  10. パーマやカラーをしている

自分の頭皮や髪の状態をきちんと知りたいという方は、URU SALONでの毛髪診断をお勧めします! 毛髪診断士の資格を持つスタイリストもおりますので、お気軽にご相談ください。(毛髪診断の詳細に関してはこちら)

相浦 秀郎 (ヘアスタイリスト)
日本では、全国に多店舗展開する某サロンにて美容師としての経験を積む。入社して瞬く間に店長・エリア責任者となり、多くの新店舗立ち上げにも携わる程の実力者。2014年より来タイ。幅広い年齢層を顧客にもち、特にカットスピード、技術が高く評価されている。URU SALONバンコク店常駐。

arche+ 7月号【髪バナ2 (no.29)】

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。タイではまだまだ雨季が続きますが、日本はすっかり夏ですね。在タイ歴が長くなると四季の感覚が抜けてきてしまい、“シーズンごとのお洒落を楽しむ” 機会が無くなってしまった…という方も多いのではないでしょうか。大げさな変化でなくても、“いつものヘアカラーを少し変えてみる” だけで、印象はぐっと変わります。今年の日本のトレンドカラーが、タイの暑い季節にぴったりなので、少しこちらで紹介しますね。

今年の大きなトレンドは、ずばり “クールなネイビー” と “フェミニンなピンク” です。髪型や自分のキャラ、個性を活かしたカラーが主流となっています。例えば、クールなストレートロングヘアにネイビー系を、前髪のあるふんわりしたヘアにピンク系を合せる…といった感じです。髪型は、コンサバより、少しモードな感じをプラスすると今年っぽくなると思います。 “モード” と聞くと少し敷居の高い印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、美容師さんに相談しながら、自分に似合う “モード” を見つけるのも楽しいと思いますよ!

さてトレンドの2色ですが、個人的には、タイの暑い気候にクールなネイビーを合せるのをおススメしたいです。

今回2人のモデルさんには、URU SALONの人気メニュー、トリートメントオイル配合の “ツヤツヤカラー” に、ヒアルロン酸を追加した “新・ツヤツヤカラー” を試していただき、毛先までしっとりツヤツヤになりました。ご興味のある方はぜひお試しください!

Facebook
Instagram