Blog

arche+ 9月号【髪バナ2 (no.31)】

No.31 ダメージヘアは蘇る?

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。今回は 『髪のダメージ』 について、お客さまの事例を取り上げながら書いてみたいと思います。

ダメージヘアに悩まれているお客さまの中で深刻なものは、やはり縮毛矯正とデジタルパーマによるダメージでしょうか。両方とも、とても強い薬剤を使う施術ですが、「ストレートは縮毛矯正じゃなきゃ嫌!」という方もいらっしゃるかと思います。そういう方は、価格や手軽さではなく、髪に優しい薬剤を使ってくれる美容室をきちんと選ばれることをおすすめします。
URU SALONで、「髪がサラサラになった」「まるでトリートメントしたみたいな手触り」と大人気のストレートパーマ “シルクストレート” ですが、ありがたいことに、その評判を聞きつけてご来店される方が増えています。その中で、「デジタルパーマで毛先がバサバサになってしまったので、シルクストレートでサラサラにしたい」「縮毛矯正のやりすぎで髪がチリチリになってきたので、シルクストレートでツヤを取り戻したい」というお客さまが何名かいらっしゃいました。…しかし、強い薬剤でオーバーダメージを受けた髪は元に戻りませんので、切るしかなくなってしまいます。トリートメントを薬に例えるならば、薬によって病気の方を回復させたり、常に服用することで病気の症状を抑えたり、体調を整えたり…ということはできますが、死んでしまった人を生き返らせることはできません。それと同じなのです。そういう方には、とりあえず傷んだ部分(主に毛先)を切った上で、トリートメントでケアしながら時間をかけて美しい髪を育てていくという方法をおすすめしています。

また、ダメージ以外では、タイの水である硬水の中に含まるミネラル分等が髪に付着したり、汚れた空気からチリやホコリが髪に付着することで、髪がバサバサになったりします。これは髪が傷んでいるわけではありませんので、ご安心くださいね。
大切なのは、なるべくダメージを受けないように、どのくらいの間隔をあけてカラーやパーマをするか、担当の美容師さんときちんと相談しながら自分の髪と向き合うことはもちろん、自分でも日々のケアをし続けてあげることです。まさに、『美髪は一日にしてならず!』

 

布施 一明 (ヘアスタイリスト)
表参道の某有名サロンに勤務したのち、オーストラリア、カナダで経験を積み、あらゆる人種の髪を手がける。 ヘアの国際大会、ヘアアジアパシフィックのカット部門で準優勝。スタイリストでありながら毛髪診断士の資格を持ち、抜け毛や薄毛など髪の健康に悩むお客さまのカウンセリングもおこなう。URU SALONバンコク店店長。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリアの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)