ストレートパーマ

オーダーメイドのストレートパーマ

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

最近雨がすごいですね。
こんなに湿気が多いと、髪の毛本来のクセが出てきてしまって、かなり膨張してしまう方も多いのではないでしょうか。

髪が広がる。ごわごわする。うねる。

たまにあるオーダーなのですが、「ストレートでのダメージが嫌なので、カットだけで修正できますか?」という方がいらっしゃいます。
このオーダーにお応えしたいところなのですが、事実上カットで修正できるポイントは限られており、曲がった髪、カールした髪はストレートパーマでしか補正できないのです…。

ただ、ウルサロンでは、ダメージの度合いを徹底して少なくできるようなストレートパーマをご提供しています。ダメージ毛の方にも薬剤処方を工夫して施術させていただきます。

例えば、これは先日ご来店くださったお客さま用の薬剤一例です

●顔まわりと首上はしっかりクセをとるストレート剤(黒カップ)
●トップはダメージレスの柔らかいストレート剤(赤カップ)
●毛先は、ガードトリートメント剤(グレーのカップ)

…といった感じでオーダーメイド施術をします。

実はストレートパーマの髪の毛のダメージは、ほとんど薬剤によるものです。それを、髪のエリアによって薬剤を変えつつ、同時に栄養を与えながらおこなうのがウルサロンのシルクストレートです。

こちらのお客さまも、ダメージからストレートパーマを敬遠されていましたが、ダメージレスなストレートに満足してくださいました!

雨季のクセとうねりを気にされている方は、ぜひお試しくださいね。

以上、森ブログでした^_^

(あわせて読みたい過去記事 : 「ダメージ毛の髪質改善(1)」「ダメージ毛の髪質改善(2)」)

ストレートパーマを活用しましょう !

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリストRIKAです。

バンコクは日に日に蒸し暑くなってきますね…もうすぐ梅雨入りしそうな気候なので、私の髪の毛も放っておくとモコモコと膨れ上がってきます(T_T)

でも、そんな時にはストレートパーマがおすすめですよ!
「自分は特に強いクセがあるわけじゃないから…」と、お思いの方でも、湿気で髪がいつもよりまとまりづらい、ゴワつくとという方はストレートパーマによって髪をまとまりやすく、つやつやにすることができます!

ところで…縮毛矯正とストレートパーマって何が違うのかな?と思ったことありませんか?
縮毛矯正とストレートパーマの大きな違いは、施術をした箇所が【半永久的に維持される】か【時間が経つと自然に元に戻る】かです。

縮毛矯正の、半永久的に残る直毛はとても魅力的ですね。しかし、その裏では強いお薬を使ったり熱を加えたりするので髪にかかる負担は大きいです。また矯正をかけた所はパーマなどがかかりにくくなります。
逆にストレートパーマは時間が経つと自然に戻ってきたり、縮毛矯正ほど完全にクセを取りきれないですが、お薬は優しいものを使うため髪にかかる負担は少なくスタイルチェンジもしやすいです。

こちらのモデルさんは、長かった髪の毛をバッサリ肩くらいまでカットして以来、1年前にかけた縮毛矯正の毛先の所が真っ直ぐすぎて逆に跳ねてしまうとのこと…

ストレートパーマのお薬では、毛先の縮毛矯正をかけた部分を完全に元に戻すことはできないですが、少しカールをつけて全体的にボリュームをダウンさせ、毛先を柔らかく内巻きにすることはできました!
URU SALONのシルクストレートパーマは、髪の毛のダメージを最小限に抑えてツヤのある柔らかな仕上がりを実現できるストレートパーマになります。トリートメントがたっぷり入っているので、髪もツヤツヤになりますよ♪

「今の時期は湿気でクセが気になるから抑えたい…けど、これから髪を伸ばしてパーマもかけたいなぁ…」と思ってる方にぴったりです( ^ω^ )
ぜひご相談ください~^ ^

arche+ 7月号【髪バナ2 (no.17)】

09a

こんにちは、URU SALONスタイリストの布施です。本格的な雨季に入りましたね。湿気が多い季節は、変なクセがでたり、髪型が崩れやすかったり…と、髪の悩みが多くなります。URU SALONでも、この時期はストレートパーマを注文するお客さまが一気に増えます。ストレートパーマをかけておくことでクセ毛を扱いやすくしておくのは、この時期ならではですね。今回は、そんなストレートパーマのお話をしたいと思います。

お客さまによく聞かれるご質問のひとつに、「ストレートパーマと縮毛矯正ってどう違うの?」というのがあります。簡単にいうと、ストレートパーマは、薬剤によって髪のタンパク質の結合を切り再結合させるという、カールさせるパーマと同じ仕組みの施術のストレート版となります。縮毛矯正は文字通り、くせ毛を矯正するもので、強い薬剤と熱で髪質を無理矢理変えてしまいます。…当然ですが、それぞれに良い点悪い点があります。

ストレートパーマ

  • 縮毛矯正ほどは真っ直ぐにならない
  • ストレートの強さを調整出来るのでアレンジがきく
  • アイロンを使っても使わなくてもよい
  • 縮毛矯正よりダメージが少ない
  • 3-5ヵ月程でストレートの効果が弱まる

縮毛矯正

  • ストレートパーマよりも真っ直ぐになる
  • 真っ直ぐになり過ぎるので、ヘアスタイルが選べない
  • アイロンを使わなければならない
  • ストレートパーマよりもダメージが強い
  • 半永久的に直毛が持続

ちなみに、URU SALONでは髪へのダメージを考え、縮毛矯正は取り扱っておりません。ストレートパーマは3種類の薬剤から、お客さまに合わせたものを選びます。仕上がりが自然なため、ロングからショートまで自在にデザインできます。

09b

最近は、ストレートパーマでも、アイロンを使ってより真っ直ぐなストレートにできるようになりましたし、縮毛矯正は、昔よりダメージが少なくなりました。自分の髪の状態や、理想の髪型などをよく美容師さんに相談しながら、どちらがいいか決めてくださいね。

Facebook
Instagram