シャンプー

シャンプーの泡立ち

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です^ ^

最近タイに来られた方で、シャンプーのことで悩んでいらっしゃるという方が来店されました。

「シャンプーの泡立ちががほんとに悪い」
「お気に入りの日本のシャンプーを持ってきたけど、こっちじゃ全然洗いあがりが悪い」

…実はこれには明確に答えがあります。
日本とタイの水質の違いです。軟水の日本に対し、タイは硬水です。硬水とは、ミネラル、カルシウム、マグネシウムなどの金属物質を含んだお水。このお水を使うと大体の泡が出にくくなるのです!
しかし、タイの硬水レベルは、北欧などの国と比べるとそこまで高くないないため、シャンプー選びを気をつけるだけで、タイムがぐっと改善できます。

①元々のシャンプー剤の洗浄力がしっかり強いシャンプーで洗う。
②硬水でも軟水でもあまり洗浄力の変わらないシャンプーで洗う。

この2つです。しかし、
①番目のシャンプーは、髪の毛にダメージを与えたり、カラーを退色させてしまったりするので、②番目の、硬水でもあまり洗浄力が変わらないシャンプーがオススメです!

では、タイで売られているシャンプーは、タイの環境に合った作りになっているのでしょうか??
答えは、

イエス!!!!です。

しかし、タイシャンプーの大半が、この①洗浄力をしっかり強くしているシャンプーになります。ですから、泡がたっぷり出て洗いやすいです。汚れも取れます!
しかし、髪の毛が傷みやすく、カラーも取れやすいのが難点です。使い続けることで、髪もギシギシ、ガシガシに…
そこで、タイ在住の日本の方で髪のケアにこだわっていらっしゃる方は、日系美容室で販売されているサロンシャンプーを使われている方が多いんですね。

URU SALONで取り扱っているシャンプーの中にも②にあてはまるシャンプーがありますよ!

右のシャンプーには「ココイルグルタミン酸」、左のシャンプーには「ラウリルメチルタウリンNA」という成分が配合されているのですが、2つの共通点はアミノ酸からできているというところです。

アミノ酸からできているシャンプーは硬水でも泡が出やすいのです!
しかも髪に栄養も入ります!

いいことずくめですが、デメリットは①に比べコストが高いことですね…(^ ^;)
髪にはとてもいいのですが、価格的に購入を躊躇されている方もいるかもしれませんね。
でもそんな方に朗報です!
実はココイルグルタミン酸がメインのシャンプーは、フジスーパーなどにも数種類売っています!しかもお手頃価格で。
栄養のバランスはURU SALONで取り扱っているシャンプーの方が勝りますが、タイの市販シャンプーをチョイスするならパッケージ裏側の成分を確認して選ばれることをお勧めします。

参考までに…

●ココイルグルタミン酸
●ココイルサルコシン
●ココイルメチルタウリン
●ラウロイルメチルアラニンNA

この辺りがアミノ酸シャンプーの成分になりますよ。
シャンプーの成分表記を見てシャンプーを選ぶようになれば、あなたもヘアケア上級者かもしれませんね♪
皆さんが良いシャンプーとめぐり会えるように僕もこれからもがんばります

以上、森ブログでした^ ^

(あわせて読みたい過去記事 : 「髪に正しいシャンプーの方法!」「タイで選ぶべきシャンプー」)

タイで選ぶべきシャンプー

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

ソンクランも終わり、タイは高温熱帯な日々が続きますね。
ぼくは、しばらくの間休みをいただいて一時帰国しておりました (^ ^)

ぼくは京都生まれの京都育ちなのですが、実はあまり京都観光をしたことがなかったので、京都北部にある天橋立に行き、温泉も堪能してきました。

そして、日本に帰ってきてものすごく思うのが…

「シャンプーとボディソープ、めっちゃ泡立つやん!!!」

髪を普通に洗うだけですごく綺麗になりますね。(髪の毛も傷まない!)
これはサロンでお客さまによく聞く話ですが、皆さん、一時帰国後は髪の毛が綺麗になって戻られます(笑)。
今日は、この原因と、タイで生活するならどうすれば改善できるかを解説しますね。

通常、シャンプーの際に髪を濡らすと、髪の毛の外側が開きます。
そして、開くときに硬水の水の方が、アルカリ性が原因でより大きく開くことがわかっています。皆さんもご存知かと思いますが、タイは硬水、日本は軟水です。
硬水は髪が大きく開くだけでなく、金属物質を多く含むので、開いた部分から毛が硬くなってしまうのです。
さらに硬水は、軟水に比べ泡立ちが悪いので、シャンプーの中で泡にならなかった界面活性剤(石鹸カス)が皮膚髪の毛に残りやすく、そういった石鹸カスが脂質や水分を奪い。乾燥を招いてしまいます。
これが、髪をダメージを受けたような質感にしてしまうのです…

タイで髪を洗うと、毛が硬くなる。洗えてない感じがする…という現象が起こるわけです。

「最悪じゃん!」と思ってしまいますが、タイならではの朗報もありますよ!
タイはココナッツと油ヤシ「パーム」の生産地です。

パームとココナッツのオイルの石鹸は硬水との馴染みがよく、石鹸カスが出にくいです。よくできていますね!
シャンプーに関しては、こちらのブログでも何度か紹介してますが、硬水と相性のいい「アミノ酸系のシャンプー」、つまり「アミノ酸でできた界面活性剤」を使用することをお勧めします。

今日はタイ在住の方のために、アミノ酸でできた界面活性剤の名前をお伝えしますね。
これは、タイでのシャンプー選びの大きなヒントになるかと思います!

①「ラウロイルメチルアラニン」
ヤシ、パームからできており。きしみの低減が持ち味。硬水でもバツグンの泡。

②「ココイルグルタミン酸TEA」
天然ヤシ油と酸性アミノ酸グルタミンから作られるため、安全性が高く、髪の毛の修復性にも優れている。

③「ココイルメチルタウリン」
ヤシ油とタウリンから作られていて、柔らかい泡質。低刺激な泡が持ち味。良質な泡が、手に取るように感じられ、硬水でもしっかり泡立つ。

———–
もちろん、これらの配合されたシャンプーはURU SALONでも取り扱っているのですが、たま~に、市販品にも紛れていますので、ぜひぜひ発掘してみてくださいね。
その他、髪のお悩み、シャンプーのお悩み等ありましたら、スタイリストに遠慮なくご相談ください!

シャンプーの成分について

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

このところ、年末年始のバカンスで海に行き、髪の毛を少し傷めてしまったお客さまが結構来店されています。
やはり、ダメージは極力防ぎたいですよね…
今日は、意外と知られていない「シャンプーからのダメージ」についてお話をしたいと思います。

「え?シャンプーって髪を傷めるの!?」と驚かれた方も少なくないのでは…?
でも、残念ながら、答えはYESなのです。

① 頭皮を洗いながら髪を傷めてしまうシャンプー。(価格の安いシャンプー)
② 頭皮を洗いながら髪をケアできるシャンプー。(価格の高いシャンプー)
シャンプーをざっくり2つに分けるとこうなります。

では、①の「頭皮を洗いながら髪を傷めてしまうシャンプー」とはどういったシャンプーを指すか?というと、実際のところ、スーパーやドラッグストアなどで売られている大手ブランドの一般的なシャンプーのほとんどがそうです。その中でも特に「あ、このシャンプー安い!」と思うシャンプーは、確実に髪をダメージさせます。

気をつけてほしいのがタイ産のシャンプーです。本当にきちんと探せば、タイ産シャンプーの中にも良いシャンプーはあると思います。
…が、スーパーで売られているシャンプーは、ダメージした毛をさらに傷めてしまうものが多いんです…

こちらは、タイで人気のオーガニックシャンプーのラベルです。
成分表の水(water)の次に書いてある、この赤い矢印の “Sodium Lauryl Ether Sulfate” というのが、ジャンプーの主な成分です。この成分は、シャンプーの主成分である “界面活性剤” の一種で、多くのタイ産シャンプーの主成分となっています。

恐らく、タイの人の髪の毛が日本人に比べて強いのと、シャンプーを毎日しない人も多いため、洗浄能力が高く、皮脂膜をガッツリ洗い落とす、この成分を配合しているのだと思われます。
この成分がメインのシャンプーでしっかり髪の毛を洗うと、「髪の毛全体の約100本分」のタンパク質が流失する(!)といわれているくらい、とても洗浄能力が高いです。

髪のため、体のため、を考えて「オーガニック」製品を使いたいと考えていらっしゃる方がこのシャンプーを購入されています。
このシャンプーは、オーガニックを謳っています。もちろんオーガニックの植物系のものが1つの成分として入っています。
しかしシャンプーの主は泡。
泡成分の “界面活性剤” 自体が頭皮と髪の毛の健康を担っているのです。

では、②の「頭皮を洗いながら髪をケアできるシャンプー」とはどういうものでしょうか。
これは、単純に美容室で売られているシャンプーとお考えください。
「結局、店の商品の宣伝じゃないか!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、…違うんです!
シャンプーに関しては、配合成分の質がそのまま価格に反映されている商品だとお考えください。やはり髪に良いシャンプーは、生産メーカーの研究費、材料代がかかってしまうのです。

「髪の病院」というコンセプトを掲げさせていただいているURU SALONで販売しているシャンプーも、値段は安くはないです。(きっぱりと言います!)
例えば、硬水でも泡立ちがよく、髪に栄養与えながら、カラーの色味をキープしてくれる キャラデコシャンプー は、200ml で700バーツ(2400円くらい)です。
この成分、この洗い上がりでこの値段だと、僕的にはナイスコストパフォーマンスだと思います。

髪が短く、丈夫で、髪のダメージを特に心配されていない方にはそこまでの高いシャンプーを使う必要はないと思います。(実際、体を洗うついでに石鹸で洗ってる!という男性もいらっしゃいますしね)
ただ、本当に髪のダメージや抜け毛で悩んでいらっしゃる方には、ぜひ一度サロンのシャンプーをお使いいただきたいです。
シャンプーの種類も沢山ありますので、自分の髪にはどのシャンプーが合うか、担当の美容師さんにお気軽にご相談くださいね。

以上、森ブログでした(^ ^)

タイのオーガニックシャンプー

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

髪にも良いことでおなじみの「コブミカンを使ってオーガニックアロマをしてみよう!」と、店長が思い立ち、市場でコブミカンを大量に買ってきたので、URU SALONは期間限定で柑橘系のいい香りがしています(^ ^)
その模様がこちら…

買ってきたコブミカンを絞って、アロマで炊いてます。完全なオーガニックなので、使えるのは1か月くらいですかね。

そうそう、オーガニックといえば…
タイに来て僕がすごく気になっているのが、「私はオーガニックのシャンプー使っているのですが、なんかキシキシして微妙です…」とおっしゃるお客さまが結構いらっしゃるということです。
オーガニックなのにどうしてキシキシになるのでしょうか?髪が傷んでいるのでしょうか…??

タイにはオーガニックと謳っているシャンプーが沢山あります。ココナッツや、フルーツなどの原料大国ですからね(^ ^)
そして一本70Bとか100Bといった、すごく安いオーガニックシャンプーもあります。

しかし、どれも、どうしてこんなに “期待値以下” なのでしょうか…?
シャンプーソムリエの僕がタイに来てちょうど1年が経ちましたので、「そろそろブログで言うときが来た!」(笑)と思いましたので、今回はタイのオーガニックシャンプーの解説をしようと思います。

まず、世間では “オーガニック” というフレーズがかなりヒットするようになりましたね。しかし、オーガニックシャンプーと名乗るのには明確な定義がございません。
ですから、“オーガニックシャンプー” として売られているものが、オーガニックの成分がほんの少しだけ入っていて、更に、髪の毛の栄養になるかも定かではない、フルーツや植物の汁やオイルを微量入れただけの原価の安いシャンプーである可能性もあります。

「使ってみて、キシキシする」
「髪の毛が傷んでいる気がする」

そう感じるようなら、そのオーガニックシャンプーは髪の毛にデメリットを与えているかもしれません。

例えば、“アルガンオイル” や “ホホバオイル” といった、髪の毛に直接つけるタイプのオーガニックオイルは、髪を直接綺麗にしますし、コーティングして毛を守ります。
では、シャンプーにとってのオーガニックには何のメリットがあるのでしょうか…?
先ほどのようなオーガニック原料は、髪のコーティングやツヤ出し、スタイリングに効果を発揮することがありますが、頭皮と髪を洗うシャンプーに、絶大な効果を発揮したケースは実はまだ聞いた事がありません…
オーガニックを追求した高価なシャンプーでも、指通りや泡立ちが悪いものが多いです。

オーガニックのシャンプーで評判がいいシャンプーのほとんどが、完全オーガニックではなく、髪の毛に良い非オーガニック成分を多く含むものです。
お客さまからもよく “ノンシリコン” “オーガニック” “ボタニカル” のシャンプー全部使ったけど、なんかイマイチだった。と聞くことが多いです。

実際には、この3つの流行りのキーワードが、良いシャンプーのためのキーワードではないことが多く、良いシャンプーかどうかには、あまり関係ないのかもしれません…

もし、「ある程度のコストを使ってでも、髪にいいシャンプーを使いたい!」という場合は、美容師さんに “頭皮と髪質” と “ヘアスタイル” 、“髪色” を見てもらった上で、自分に本当に合うシャンプーを勧めてもらうのが一番いいのかなぁと思っています。

髪型だけでなく、毎日のシャンプー、ヘアケア、そして頭皮ケア、気になっている髪の悩み等、ぜひお気軽にご相談くださいね。

以上森ブログでした(*^^*)

シャンプー前のすすぎ洗い、できてますか?

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です^ ^

森一樹、タイに来て4ヶ月…
かなり慣れて来ました。やっぱり乾季最高。

いきなりですが、先日サメット島に行ってパラセーリングをしてきました。
1人1,000バーツを、抜かりなく3人で2,200バーツに値切り倒しました!
で、パラセーリングのスタッフと仲良くなってビールまでもらいました(笑)

…と、関係ない話はこの辺にして…シャンプーのソムリエらしく、今回はシャンプーの話をさせてください^ ^
とても基本的なことですが、シャンプーの洗い方の話をしようと思います。

まずは、シャンプー前のすすぎから。
これ、すごく大切なのですが、意外とできていない方が多いように思います。
シャンプー前のすすぎ時間はどのくらいだと思いますか?…10秒?20秒?
実は、ぬるま湯で指の腹を使いながら2~3分かけて行うのがおすすめなんです。
なぜなら、しっかりお湯洗いすると、ほとんどのヨゴレがこの段階で落ちてしまうからです。この工程をしっかりすると、シャンプーを使う量が半分位で済むかもしれません!

よくスーパーで売っている、大手メーカーの洗浄力強目な安いシャンプーを使っているとしても、湯洗いを長めにしてシャンプー洗い時間を短くすれば、シャンプーによる髪の毛のダメージも半減できるのです。
これにより、シャンプーコストも半減できます!
それってファンタスティック!ですよね?(笑)

指の腹でのすすぎにはマッサージ効果もあります。
よくある、シャンプーの界面活性剤が残ってしまった時の、翌日の後頭部のかゆみも防げます。

もちろん、シャンプー後のすすぎもいっかりしてくださいね^ ^

また、シャンプー選びも大切。

洗い方も大切ってことでまずはここからブログで書きました。

先日、日系のシャンプーを扱ってる会社を訪問させて頂き、シャンプーをたくさん見てまわりました。
そこで、タイの硬水でも安定して泡がでて、ヘアカラーの持ちがよくなるベタインと、パーマの持ちがよくなるアミノ酸を主成分としたシャンプーを発見し、URU SALONに即入荷しました!(笑)
気になる方はぜひ!^ ^
泡もクリーミーで、香りも◎です。

でも、香りの良いシャンプーでもすすぎ洗いはしっかりと忘れずにお願いしますね。
以上 森ブログでした

see you^ ^

Facebook
Instagram