BLOG

髪に正しいシャンプーの方法!

こんにちは。URU SALONトップスタイリストの相浦です。
ご無沙汰しております。久しぶりのブログ登場です!

先日Phuketの方に旅行に行って真っ黒に焼けてしまい、Tシャツ焼けに悩まされる今日この頃です…(苦笑)
おかげさまでPhuketの綺麗な海と空は堪能できたので、よかったんですが(^ ^)

最近、お客さまとの会話の中で「シャンプー剤の適量が分からない」「髪の洗い方が合っているのか分からない」という話をよく聞きます。そこで、シャンプーがもっとやりやすくなれば!と思い、久々にブログ書いてみます!

まず、シャンプーの適量なのですが、美容師になりたてのアシスタントだった頃のシャンプーマン時代、毎日20人以上の髪を洗いましたが、その時の目安が、ポンプ式のシャンプーだと男性で0.5プッシュ(しっかりワンプッシュしないぐらい)~長い髪でも2プッシュくらいでした。
チューブに入っているシャンプーだと、一円玉〜五百玉ぐらいの量が平均量でした。

髪が長いから、量が多いからと4、5プッシュしているという方もいらっしゃるみたいですが、これは多すぎると思うので注意してくださいね。(あくまで私の基準ですが)

次に洗い方ですが、このモデルさんくらいの長さの髪で実践してみますね。
まず、髪と地肌はしっかり濡らしてください。地肌の汚れをシャンプー前にまずお湯で流すのが大事です!約1分から2分ぐらいかけてじっくり流しましょう。皆さん意外と30秒ぐらいですすぎを終わらせているみたいですが、ここの工程は大事ですので、しっかり地肌をすすいでください!

次にシャンプー剤の登場です!今回はワンプッシュでやってみます。適量だと思います。
まず、手で泡だてます。ここきちんとできていますか?泡だてないまま髪と頭皮にシャンプー剤をつけていませんか?(^ ^)
手になじませて泡立てる時、お湯を少し混ぜると泡立ちやすいです!この状態から髪につけます。
ワンプッシュでこのぐらい泡立ちます。シャンプーの量が多すぎ、泡立て過ぎだと洗い流すのが大変になるので、適量のシャンプー剤、適度な泡で洗うのが髪に一番よいですよ。

頭皮部分は指の腹でこすりながら洗い、毛先はこすらず、指を通すぐらいにしましょう。濡れた髪をゴシゴシこすると、キューティクルが剥がれやすくなるので、あくまで指を通すぐらいで!
頭皮マッサージなどもシャンプーしながらやるといいですね。
この後は、しっかりとすすいでください。シャンプー剤が髪と頭皮に残ると、匂い、ベタつき、かゆみの原因になので気をつけてください!

シャンプー剤のボトルには、使用方法として説明書きがありますね。

共通しているのは、①シャンプー前の予洗いを十分すること ②手のひらでちゃんと泡だてること ですかね。これをきっちりすることで泡立ちも全然違いますし、仕上がりがふんわりしますよ!
「タイは硬水なのでシャンプーが泡立たない」と諦めている方も、今一度シャンプー方法を見直してみましょう。

(あわせて読みたい過去記事 : 「タイで選ぶべきシャンプー」)

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)