ヘアカラー

ブリーチなしのハイライト

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です!

このところ、本当に暑くなってきましたね…
タイは年中夏ですが、3月・4月は外に出れないほどの気温と日差しになりますよね(> <)

そんな中、今サロンの方では女性を中心にとあるオーダーが人気となっています。
「ハイライトを入れたいです」
「ブリーチなしで…」

このオーダーは、ウルサロンとしても、僕としても得意なので大歓迎です!
ブリーチを使わずダメージレスでハイライトするというのは、『髪の病院』としてのうちのサロンらしいオーダーで嬉しくなります。

ブリーチを使わないわけなので、ハイライトを金髪ほど明るくするわけではありません。ハイライト部分に明るめのカラー剤を使用し、ハイライト以外の部分のカラーを暗めにします。

濃い暗めの部分の色も、アッシュやベージュ、赤系など、好きなカラーにできるので、ハイライトカラーのバリエーションが広がって楽しいですね♪
うだるような暑い季節も、素敵な髪色で明るく乗り切りましょう!

(あわせて読みたい過去記事 : 「ローライトのヘアカラー」「髪にやさしいハイライト」)

グレイヘアのカラー

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です(^ ^)

先日、タイに来て2年になりました。
20代半ばだった年齢も、すっかりアラサーに…。それまで全く白髪がなかったのですが、先日ついにアシスタントに「森さん、白髪あるよ!!」とと言われ、数えもらうと、まさかの26本!ありました(苦笑)
年齢も原因なのですが、タイは紫外線が日本の夏の2倍の強さあるので、頭皮のメラニンもUVでやられているケースが多いです。
それが原因で、日本にいる時よりも白髪が増えているという方が多いです。
URU SALONで色々なお客さまの髪を見させていただいても、僕と同じくらいの年齢で、白髪のある方がけっこう多いと感じます!!

今日いらしたお客さまは、白髪が数本ありましたが、「暗い白髪染は嫌!」というリクエストをいただきました。
年齢も僕と同じくらいです。

「白髪染め」という言葉の響きってなんだかネガティブですよね…。
「白髪は染めたいけど暗くしたくない」そういうお客さまが増えています。
実際の白髪染めは、艶があって色んなカラーが選べるオシャレなものですよ!

明るいカラー剤+希望色のカラー+白髪染カラー。この絶妙な配合をすれば、少し明るめの綺麗な白髪の染めができます(^_^)
よかったらぜひオーダーしてみてください!

以上、森ブログでした。

(あわせて読みたい過去記事 : 「ローライトのヘアカラー」「傷んだメッシュをオシャレに!」)

ローライトのヘアカラー

こんにちは。バンコク トンロー日系美容院ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

皆さん、タイの雨季シーズンはいかがお過ごしでしょうか。
毎日どこかで雨が降り、家に帰るのが大変ですね。

今日は雨の中、一人のお客さまがカラーをしにご来店くださいました。
気になるオーダー内容は…

「気分変えたい!でも、明るくしたくない。前にしたカラーの感じはすごく良かったんだけど、なんかちょっと変えたい!
(笑)」でした!

おーーーっ?!
と一瞬なりましたが(笑)、このお客さまはいつもハイライトされているので、今回はローライトのカラーを主役にしたスタイルをご提案することにしました!

ただ、ハイライトに比べて、ローライトは目立ちにくいのが難点…
でも、トーンを上げるよりトーンを下げる方が、カラーとしてダメージが低く、艶が出やすい性質があります(^ ^)

まず、少しだけ髪の表面部分にだけブリーチでないカラー剤を使ってハイライトを作ります。
そして、前回気に入っていただいたピンク系カラーをそれ以外の場所に入れます。
3つのカラー剤を用意して、ローライトデザイン作ってみました。
目立ちにくいローライト…なので、耳上にしっかり暗い色を入れてみました。


これぐらいのデザインカラーならダメージが少なくなく楽しめますね(^ ^)

ハイダメージをしない範囲でも、ちょっと変わったカラーデザインは楽しめます♪
いつものカラーに飽きたという場合は、遠慮なくご相談くださいね。
美容師も楽しみながらご提案させていただいております!

以上、森ブログでした

(あわせて読みたい過去記事 : 「傷んだメッシュをオシャレに!」「カラーとハイライト講習」)

カラーとハイライト講習

こんにちは。バンコク トンロー日系美容院ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

今日は営業中にお店を抜け出し、あるところへ…

世界で活躍されてるヘアカラーインストラクターのセミナーに勉強に行ってきました!講師陣は日本人で受講者は僕以外全員タイ人でした。
気になる内容はズバリ「ハイライト」と「レッドカラー」。
メッシュを入れる理論と、デザインのレクチャーを受けてきました。
タイ人向けなので、やや派手めなスタイルかもしれないです(^ ^)


URU SALONで施術する際には、このハイライトのテクニックを少し落ち着かせた感じに落とし込んで、お客さまにご提案しようと思いました!
「ちょっと変わったカラーリングに挑戦してみたい!」と思ったら、ぜひ遠慮なくご相談くださいね(^ ^)

以上、森ブログでした♪

(あわせて読みたい過去記事 : 「URU SALONで夏色ヘア!」「髪の勉強会でスキルアップ」)

傷んだメッシュをオシャレに!

こんにちは。バンコク トンロー日系美容室ウルサロンのスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

タイの連休も終わり、ビーチ等からの旅行先から帰って来た人が多いので、今バンコクには、紫外線と旅行先の硬水が原因で、ヘアカラーが退色した人が増えたように思います。
退色によって全体的に髪が黄色くなり、ダメージによってパサつきがで出てしまっているのです…

先日、太いメッシュが入っているお客さまが来店されました。
もともと、太く目立つメッシュが好きなわけではなく、それが「紫外線と毎日のヘアアイロンによって退色とダメージで、汚くなっている状態なので、それを自然に綺麗にしてほしい!」…というオーダーでした。

そこで、ブリーチされている箇所をうまく使い、オシャレで、「傷んで見えないカラー」に挑戦!
まず、まばらで傷んだブリーチ部分を、ローライトとハイライトを使うことで、細かいハイライトに変えていく作業から。
そして傷んだ金色を、ブラウンで消していくと、艶のある大人っぽいメッシュになりました。
URU SALONの「ツヤツヤカラー」は、ヒアルロン酸とオーガニックオイルが配合されているため、バンコクの硬水でもツヤが出て、健康的な髪が保てるんです!

傷んで明るくなってしまった髪を、髪質改善しつつ、おしゃれなヘアカラーにしてみてはいかがですか?
バンコクでは、髪は綺麗にならないと諦めている方、ぜひご来店ください!

以上、森ブログでした♪

(あわせて読みたい過去記事 : 「雨季のバンコクにツヤ髪をどうぞ 1」「雨季のバンコクにツヤ髪をどうぞ 2」「URU SALONで夏色ヘア!」)

Facebook
Instagram