Blog

シャンプーの泡立ち

こんにちは。URU SALONスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です^ ^

最近タイに来られた方で、シャンプーのことで悩んでいらっしゃるという方が来店されました。

「シャンプーの泡立ちががほんとに悪い」
「お気に入りの日本のシャンプーを持ってきたけど、こっちじゃ全然洗いあがりが悪い」

…実はこれには明確に答えがあります。
日本とタイの水質の違いです。軟水の日本に対し、タイは硬水です。硬水とは、ミネラル、カルシウム、マグネシウムなどの金属物質を含んだお水。このお水を使うと大体の泡が出にくくなるのです!
しかし、タイの硬水レベルは、北欧などの国と比べるとそこまで高くないないため、シャンプー選びを気をつけるだけで、タイムがぐっと改善できます。

①元々のシャンプー剤の洗浄力がしっかり強いシャンプーで洗う。
②硬水でも軟水でもあまり洗浄力の変わらないシャンプーで洗う。

この2つです。しかし、
①番目のシャンプーは、髪の毛にダメージを与えたり、カラーを退色させてしまったりするので、②番目の、硬水でもあまり洗浄力が変わらないシャンプーがオススメです!

では、タイで売られているシャンプーは、タイの環境に合った作りになっているのでしょうか??
答えは、

イエス!!!!です。

しかし、タイシャンプーの大半が、この①洗浄力をしっかり強くしているシャンプーになります。ですから、泡がたっぷり出て洗いやすいです。汚れも取れます!
しかし、髪の毛が傷みやすく、カラーも取れやすいのが難点です。使い続けることで、髪もギシギシ、ガシガシに…
そこで、タイ在住の日本の方で髪のケアにこだわっていらっしゃる方は、日系美容室で販売されているサロンシャンプーを使われている方が多いんですね。

URU SALONで取り扱っているシャンプーの中にも②にあてはまるシャンプーがありますよ!

右のシャンプーには「ココイルグルタミン酸」、左のシャンプーには「ラウリルメチルタウリンNA」という成分が配合されているのですが、2つの共通点はアミノ酸からできているというところです。

アミノ酸からできているシャンプーは硬水でも泡が出やすいのです!
しかも髪に栄養も入ります!

いいことずくめですが、デメリットは①に比べコストが高いことですね…(^ ^;)
髪にはとてもいいのですが、価格的に購入を躊躇されている方もいるかもしれませんね。
でもそんな方に朗報です!
実はココイルグルタミン酸がメインのシャンプーは、フジスーパーなどにも数種類売っています!しかもお手頃価格で。
栄養のバランスはURU SALONで取り扱っているシャンプーの方が勝りますが、タイの市販シャンプーをチョイスするならパッケージ裏側の成分を確認して選ばれることをお勧めします。

参考までに…

●ココイルグルタミン酸
●ココイルサルコシン
●ココイルメチルタウリン
●ラウロイルメチルアラニンNA

この辺りがアミノ酸シャンプーの成分になりますよ。
シャンプーの成分表記を見てシャンプーを選ぶようになれば、あなたもヘアケア上級者かもしれませんね♪
皆さんが良いシャンプーとめぐり会えるように僕もこれからもがんばります

以上、森ブログでした^ ^

(あわせて読みたい過去記事 : 「髪に正しいシャンプーの方法!」「タイで選ぶべきシャンプー」)

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)