Blog

雨季のバンコクにツヤ髪をどうぞ 2

「雨季のバンコクにツヤ髪をどうぞ 1」はこちらから

こんにちは。URU SALONスタイリストの相浦です。
今回も艶髪のお話を…!
雨の時期の必須アイテム、URU SALON名物シルクストレートについてご紹介しますね。

URU SALONのシルクストレートは、「オーダーメイド」が特徴です。
施術前のカウンセリングをする中で、「お客さまの理想の髪型へ、より少ないダメージでたどり着けるように、またお客さまの理想の髪型を、お客さま自身でより簡単に再現できるように」どういう薬剤を使った、どういうストレートパーマが良いかをスタイリストが判断します。

今回の艶髪モデルさんは、半年ぐらい前にストレートパーマをかけたものの、「雨が降るこの時期に髪が膨張しだして、収集がつかなくなった」というお客さまです。「シルクストレートで手入れがしやすい髪型にしたい!」が、今回のオーダーです!

バイタクなど乗られる方は、この時期こんな感じになってたりしますよね…せっかくの美髪がもったいない!髪質は少し硬めで、毛先にダメージがありました。前回ストレートにした部分は、パーマをかけなくても綺麗になると思うので(ダメージを増やしたくないので、なるべく根元中心にパーマをします!)、カットを少ししてカタチを整えたら、最低限の範囲に薬剤の塗布開始です!

その後、薬を流してアイロンで伸ばしていきます。わたしはアイロンを使用する時も髪を傷めないよう心がけています。ほとんど引っ張らずにやると自然な仕上がりになるし、ヘアビューロンを使うようになってからは、さらにダメージも減ったと感じます。

ストレートのやり方も、美容師さんそれぞれにこだわりの方法があり、わたしの場合は、癖を伸ばすというより、綺麗に収まる自然な感じを目指しすようにしてます!
「ふわ サラー」みたいな感じです。

現在はちょうどストレートパーマのプロモーション中で、トリートメントが無料で付いてくるので、サラサラした艶髪ストレートに仕上がりますよ!

根元の癖にアプローチをかけるだけで、このくらいの仕上がりに!ブローなどはしなくても簡単に収まります。朝の時短には最適!
さらに今回は軽い仕上がりにしたかったので、カットは外はね気味にしています。
オーダーメイドのストレートなので、パーマをかけたい部分や、気になる所をオーダーしてもらい、そこを上手くカバーする方法を選ぶので、ダメージの少ない艶髪にする事が可能ですよー!

また、最近はよくアレンジ方法を聞かれますが、アレンジに関しても興味があれば、スタイリストに遠慮なくおたずねくださいね。

(あわせて読みたい過去記事 : 「雨季のバンコクにツヤ髪をどうぞ 1」/「バンコクの紫外線にも負けずツヤ活!」)

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)