BLOG

ダメージ毛の髪質改善(2)

こんにちは。スタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。
この度、「髪質改善第2弾」をさせていただきました!(第1弾はこちら)
今回のモデルさんには、スーパーダメージ毛の20代女性を紹介してもらいまして、バッチリ髪質改善させていただきました(笑)。

とても多いタイプのダメージ毛の方です。
薬剤のアルカリダメージと紫外線によるダメージで、髪が酸化して硬くなっています。
タイにいると、ゴルフをしたり、ビーチに行く機会も多いと思います。強い紫外線によるダメージによって毛先もキラキラ明るくなり、さらに毛先の変なクセやハネが出てきてしまいます。
特にロングヘアーの方は、ストレートやカラー、パーマをするときに、なるべく低ダメージで行うのが日本以上に必須になってくるんですね。

流石のURU SALONでもダメージで完全に死んでしまった部分は改善できませんので、毛先の10cmだけはカットしました。
しかし、その他はしっかり綺麗にすることに成功しました!(^_^)

この20代のモデルさんは、だいぶ髪質が改善され、健康的ないい感じの髪になりました。
これを数回繰り返せば、よりキレイになるので、これから数回通われると本物のツヤツヤ美髪になりますよ。

ここで、シャンプーソムリエからのアドバイスを…
このタイプのロングの、スーパーダメージ毛の方は、シャンプーを毛先につけて洗わないでください。
シャンプーは根元だけ!

①お湯洗いをしっかりして
②根元だけにシャンプー剤をつけて頭皮を洗う
③トリートメント毛先につける

これだけで大丈夫です!
中間から毛先は泡が流れていく時に汚れも取れるので、わざわざ洗わなくて大丈夫です(^_^)
ダメージ毛の毛先をゴシゴシ洗ってしまうと、もともとキューティクルが開いてる状態なので、中の栄養がタンパク質がどんどん流れ出て行ってしまいます。
これを気をつけるだけでダメージがマシになるので、ダメージ毛の皆さん気をつけてみてくださいね。

以上、森ブログでした。

(あわせて読みたい過去記事 : 「ダメージ毛の髪質改善(1)」「バンコクの紫外線にも負けずツヤ活!」)