ブロー

arche+ 11月号【髪バナ2 (no.33)】

No.33 セットがうまくできないのはなぜ?

こんにちは、URU SALON スタイリストの相浦です。今回は、自宅での髪のセットについて書いてみたいと思います。
URU SALONでもよく聞くお客さまの声に、「サロンで美容師さんにセットしてもらうとキレイに決まるのに、自分では再現できない」というのがあります。この理由は何でしょうか?「それは、美容師さんがプロだからでしょ!」とお考えの方が多いように思います。でも、これは間違いで、原因は『髪の乾かし方』にあるのです。ですから、この乾かし方さえ学べば、ご自宅でもサロン帰りのようなセットができるようになりますよ! 必要な道具はドライヤーとブラシです。

1.髪を根元から完全に乾かす
様々な髪質の方がいらっしゃいますが、髪を乾かす上での 基本は、 最初に髪の根元を乾かすことです。根元を乾かすようにドライヤーをあてると、毛先も自然と乾きます。毛先の方が先に乾いてしまった状態で根元を乾かすと、髪が乾きすぎてパサパサになってしまいます。また、ボリュームが出やすい人、癖があって膨らむ人は、不自然に引っ張りながら乾かすことをしがちですが、まずは自然に乾かしましょう。

2.髪を根元から立ち上げる
根元部分が乾いたら、ドライヤーの風を根元にあてながら、ブラシで毛の向きに逆らうように髪を梳かしていきます。そうすると、髪が毛穴から自然に立ち上がります。イメージ的には毛が地肌と垂直になるように起こしてあげる感じです。この時、髪の量が多い人などは髪がボワッと膨らんでしまいますが、気にしないでください。

3.毛先の方をブローして全体を整える
これで、生え際の癖が取れ、前髪にも自然な立ち上がりがつきます。その後は、髪をまとめるように毛先を軽くブローし、アイロンやワックスでスタイリングをすればサロン帰りのような髪になります。
また、面倒くさがり屋さんや、ショートカットの方は、下を向きながらドライヤーをあてることで、12のステップを同時に行うことができますよ!

12が終わった状態で寝て、3は朝起きてからでも大丈夫です。根元を完全に乾かし、毛を立ち上がらせた状態にしておくのが重要です。

相浦 秀郎 (ヘアスタイリスト)
日本では、全国に多店舗展開する某サロンにて美容師としての経験を積む。入社して瞬く間に店長・エリア責任者となり、多くの新店舗立ち上げにも携わる程の実力者。2014年より来タイ。幅広い年齢層を顧客にもち、特にカットスピード、技術が高く評価されている。URU SALONバンコク店常駐。

簡単にきれいになれるブロー

こんにちは、バンコク店店長で毛髪診断士の布施です。

ソンクランも終わりましたが、まだまだ暑い日が続いています。こんな暑い中では、毎日のブローって大変ですよね…
今回は、意外と知らない方も多い、「簡単で正しいブローの仕方」についてお話ししたいと思います。

uru4

まずシャンプー後、しっかりとタオルドライをしましょう。水分をよく拭き取れればブローの時間短縮になります。コーミングを併せてすると、余分な水がとれやすいですよ。
髪のダメージが気になる方は、ここで洗い流さないトリートメントをつけましょう。ブローやブロー後の物理的ダメージから髪を保護してくれます。

ここからはブローの仕方です。
ドライヤーは頭から20センチ以上離して風をあてましょう。近いと熱がキューティクルを痛めてしまいます。地肌に風をあてるようにして髪の根元から先に乾かしましょう。毛先を先に乾かすと、乾燥しすぎて静電気が起きてバサバサになります。
髪がほぼ乾いたら今度は冷風をあてましょう。キューティクルが引き締まり、艶とコシが出ます。
最後にコーミングをしましょう。仕上げにコーミングをするとキューティクルが整い、髪に艶がでます。

毎日のちょっとした行為が、積もり積もって髪の深刻なダメージになっていきます。毎日のちょっとしたひと手間でキレイで健康な髪をつくりましょう!

Facebook
Instagram