Blog

arche+ 7月号【髪バナ 13】

kamibana_13

なぎさ 先日友達との会話の中でシャンプーの話になったんですけど、彼女は髪が傷んでいるから、シャンプーの後にコンディショナーを使って髪をツルツルにした後さらにトリートメントで栄養補給をしているらしいんです。コンディショナーとトリートメントで2種類も使うのってやりすぎな感じがするんですけど…どうなんですか?
山田 2種類使うのは問題ありません。それぞれ働きが違いますからね。ざっくり言うとリンス(今はあまり聞きませんね…)は髪の表面をコーティングして指通りを良くするもの、トリートメントは髪の内部に栄養を入れて補修するもの、コンディショナーはその中間で、髪の表面に栄養を入れつつ、指通りも良くするというものです。ですから2種類使うのは問題ないですが、順番が違います。トリートメントで栄養を入れた後にコンディショナーでコーティングして閉じ込めるというのが正しいです。
キリ そういえば、先月URU SALONに行ったとき、「髪の毛が根元からベタベタしてますね、もしかして○○のシャンプー使ってません?」ってシャンプーのブランドを当てられましたね。
山田 これは結構知らない方が多いのですが、コンディショナーは、毛先から髪の中間部分につけるのが正しく、髪の根元にはつけません。根元は生えてきたばかりなので傷んでおらず、栄養を与える必要がないからです。

kamibana_13_2

 また、キリさんのシャンプーを当てることができたのは、○○のシャンプー(Pから始まる有名なブランドです…)がシリコンを多く含んでいることで有名だからです。シリコンが髪をしっかり覆うので、根元からベタベタとした髪になってしまいます。
キリ シリコンって髪にいいという印象もありますけど…?
山田 シリコンも、サロンで売られているようなシャンプー・コンディショナーに含まれるものなら良いですが、ドラッグストアで売られているような価格の手頃な製品に含まれるのは、ただ強力に髪をコーティングするだけのものも多く、それらのシリコンは指通りはなめらかになりますが、髪に良いとはいえません。お客さまの中で、同じ○○シャンプーを使っている方がいらっしゃいましたが、強力なヘッドスパをしてようやく落ちる程、しっかりと髪にシリコンがこびりついていました。こういう状態の髪には、カラー剤が入らなかったり、パーマがかかりにくかったりするので、厄介なのです。
キリ シリコン入りの安いシャンプー・コンディショナーは買うなってことですか?
山田 うーん…毛先が傷んでバサバサになってしまった方には良いかもしれません。開ききったキューティクルをしっかりコーティングしてくれますからね。でも、コンディショナーを使うのはあくまで毛先〜髪の中間の傷んだ部分のみにしてください。
なぎさ そういえば、この前日本に帰ったとき、ノンシリコンの製品が増えていましたね。
山田 あと、お客さまのヘッドスパをしていて気になるのが、髪の量が多い方ほど頭皮の汚れがきちんと落ちていないということです。これはシャンプーの後、髪が邪魔して頭皮の汚れがうまく流れていないのです。シャンプーを流すときは、ただお湯をかけて流すだけでなく、指の腹で丁寧に地肌をこすりながら流してください。
キリ 普段の髪のケアでも、基本的な知識があるのとないのとでは、髪の状態が全然変わってきそうですね。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリアの日系美容院美容室へアサロン URU SALON)