Blog

arche+ 12月号【髪バナ2 (no.34)】

No.34 秋冬のトレンドカラーについて

こんにちは、URU SALON スタイリストの布施です。7月号では春夏のトレンドカラーをご紹介しましたが、今回は、秋冬のトレンドカラー紹介をしたいと思います。季節感が無く、年中同じファッションをしてしまいがちなタイにいるからこそ、ヘアカラーを少し変えることで、気分転換をしましょう!

2017年の日本の流行は、ズバリ“暗髪”です。暗くても透明感のあるカラーがトレンドで、特に、ベージュやブルージュ(ブルー+ベージュ、青みが特徴のアッシュ系カラー)などが人気ですよ。

明るさを5トーンから7トーンの暗めにすることで、上品プラス上質な色で肌を綺麗に見せてくれ、さらに瞳が綺麗に見える効果もあります。芸能人では、水原希子さんや石原さとみさんが、いつもこのトーンの髪色をされていますよね。
これに合う髪型のトレンドは、これまでの定番だった“ゆるふわ系” の髪型に厚みと重さをプラスした“重めヘア”が人気です。水原希子さんのようなクールなワンレングスボブや、レトロ感漂う重め前髪に、ゆるめのウエーブを組み合わせたヘアなどは、とても今年らしい感じがします。

紫外線で傷んだ毛先が黄色っぽくなり、バサバサに見えますね…。トリートメント剤たっぷりの暗めカラーで染めることで、パサつきをカバーましょう。暗髪は、カラー剤の色が落ちにくいので、色持ちがよいのも特徴です。暗めでも透明感のあるカラーを選ぶことで、嫌な黄色味を抑えてくれます。

また、白髪染めをされている方には、“インナーバレイヤージュ”というメッシュを入れることもオススメです!毎回の暗髪染めで飽きてしまった方も、ちょっとしたアクセントを入れることで印象がぐっと変わりますよ! ぜひお試しください。

 

布施 一明 (ヘアスタイリスト)
表参道の某有名サロンに勤務したのち、オーストラリア、カナダで経験を積み、あらゆる人種の髪を手がける。 ヘアの国際大会、ヘアアジアパシフィックのカット部門で準優勝。スタイリストでありながら毛髪診断士の資格を持ち、抜け毛や薄毛など髪の健康に悩むお客さまのカウンセリングもおこなう。URU SALONバンコク店店長。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリアの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)