Blog

arche+ 11月号【髪バナ2 (no.9)】

hair_column11_1

こんにちは。 URU SALONスタイリストの布施です。気づけばもう11月…タイは相変わらずの気候ですが、日本はすっかり寒くなったみたいですね。今年の日本の秋冬ヘアカラーの流行色として、雑誌等で、“グレージュカラー” という色をよく目にします。“グレージュ” とは、グレーとベージュが混ざった色を指します。グレージュが髪色に混ざると、赤みがおさえられてやわらかく落ち着いた色になるんです。

hair_column11_2

暗めの色はちょっと前から流行っていたのですが、今年の夏はパステルなどの明るいカラーが流行したので、秋冬になってそれをそのままトーンダウンしたグレージュが出てきたのでしょうか。グレーという色には白が含まれますので、ただの暗いトーンの髪にはない『抜け感』『ツヤ感』『やわらかさ』が表現できるのが特徴です。明るめのグレージュヘアは、外国人やハーフの方の地髪のような色になります。暗めグレージュヘアは、室内などで見るとただの暗いトーンの髪なのですが、明るいところで見ると、きちんと色が入っているので粋な感じです!重くなりすぎない、ほどよい“抜け感”も特徴ですね。また、こちらのグレージュカラーには、外国人のくせ毛風ヘアや、レイヤーを多めに入れた軽めのヘアがぴったりマッチします。ぜひ、試してみてください!

hair_column11_3

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、シラチャの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)