Blog

arche+ 5月号【髪バナ 11】

top_urusalon_volumn11

キリ 最近の暑さ、本当に容赦ないよね。
なぎさ わたしが旦那の赴任に伴ってタイに来たのがちょうどこの時期だったんですが、最初はスーパーに買い物に行って帰るだけでも暑さで疲弊しきっていました。
山田 本帰国や新たに赴任される方など、3月・4月は人の入れ替えが激しい時期ですね。
なぎさ タイで生活を始めて、日本でカットしてきた髪もそろそろ伸びてきたこの時期に最初にぶつかる壁が“美容院どこ行こう?”でした。とりあえずフリーペーパーで色々広告を見るんだけど、なかなか選べなくて…。
キリ だよね。で、口コミ情報を集めるために、会う人会う人に「美容院どこ行ってるんですか?」って聞きまくったなぁ(笑)。
pic_urusalon_volumn11
山田 それぞれのお店に特徴がありますから、いろいろ行ってみて、自分のお気に入りを探せばいいですね。URU SALONでも、何度も来てくださるお客さまは、“髪の病院”というコンセプトや、一人ひとりのお客さまときちんと向き合うために一日に少数のお客さまの予約しか受け付けていないウチの方針を気に入ってくださっている方ばかりです。
キリ わたしも、他の店でせわしなくぱっぱと髪を切られたのが嫌だったので URU SALONにしましたよ〜
山田 ありがとうございます!
そういえば、タイに来てご自身の髪に何か変化はありましたか?
キリ 髪がパサつきやすくなったかも。やっぱり紫外線のせいなのかな?
山田 パサついたりギシギシしたり、まとまらなくなったという声はよく聞きます。原因は大きく3つで、まずは水の違い、そしてシャンプーの違い、最後に強烈な紫外線です。水の違いはよく知られていますね。日本は軟水なのに対し、タイは硬水なので、慣れない日本人の髪はパサついてしまうんですね。
なぎさ なので、軟水器買いました。周りにも結構使っている人が多いですよ。
山田 硬水を軟水に変える機械ですね。実はシャンプーの違いというのもこの水の違いに関係してきます。日本に帰る度にシャンプーを大量に買って来られるという方が多いと思うのですが、日本のシャンプーはタイの水に合わないものがほとんどで、髪に違和感を感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
なぎさ それで行き着くのが美容院で売ってるシャンプーなんだよね。日本でそんなの買ったことなかったけど…。
山田 3つ目の紫外線に関しては、日頃から日傘や帽子で何とか避けるしかありませんね。また、パサつく髪への対処法として、一時的なものでは、洗い流さないタイプのトリートメントや、潤い感の出るワックスなどを使用する方法がありますが、美しい髪を長くキープするには毎日のケアを頑張るしかありません。理想は、定期的に美容院でトリートメントをしながら、家でもホームケア用のトリートメントをすることですが、なかなか面倒くさいという方は、美容院で髪を切る時に一緒にトリートメントをするだけでも髪の状態がぐんと良くなりますよ。
キリ タイって物価が安いのが魅力的だけど、美容に関しては、日本と同じクオリティーを維持しようとするとホントお金と手間がかかるよね。
なぎさ そうなの。でも、やっぱり“タイ人化した”とは言われたくないし…
キリ そういえば、タイ人って生まれたときから硬質の水を使ってるわりには、髪がきれいな人多いよね。
山田 タイ人の髪はとても強いんです。タイに来た日本人美容師がまず驚くのが、タイ人の髪のパーマのかかりづらさ、ヘアカラー剤の色の入りにくさではないでしょうか。見た目は同じ黒髪ですが、日本人とは根本的な髪質が全然違うんですね。

(バンコク スクンビット・トンローエリアの日系美容院美容室へアサロン URU SALON)