Blog

arche+ 9月号【髪バナ2 (no.7)】

kamibana2

こんにちは。URU SALONスタイリストの布施です。日本では、夏が終わって季節が移り、秋冬もののアイテムが並ぶようになりましたね。常夏のタイではありますが、日本からオーガニックヘアカラーの新色も入ってきたので、髪色を新しくして、気分だけでも変えてみませんか?
URU SALONで、カラーのお客さまにおすすめなのが、アルガンオイルをたっぷり配合した “アルガントリートメント” です。 日本でも大人気のアルガンオイルは、肌や髪ととても相性のよいオイルとして近年注目されています。髪に使うときは、ドライヤーで乾かす前に毛先などになじませると、しっとりツルツルになります。
そこで、この万能オイルをお客さまの髪に使えないかと、自分たちで試行錯誤し、独自に生み出したのがこのアルガントリートメントです。

kamibana1
こちら、カラー剤に混ぜるのですが、仕上がりが全然違うんですよ。
アルガンオイルの持つビタミンEが退色を防ぎ、カラーで失われがちな髪の油分を補います。カラーをする時、まず薬剤で髪のキューティクルを開くのですが、そのタイミングでキューティクルの中にアルガンオイルとカラー剤を同時に入れます。こうすることで、オイルを中まできちんと入れ込むことができます。ツヤ髪を体験したい方はぜひ!

kamibana3

【はじめてのアルガンオイルカラー体験】
こちらのモデルさんは、普段自分でカラーをしているということで、染まり方にがムラがあり、傷みもかなりありました。
毛先の色が明るかったので、まずカラーを均一にし、バラバラな毛先をカットで整えました。使用したヘアカラーは、新色の“リッチモカ”。アルガントリートメントを加えることで、ツヤ感がUP、カラーの発色もよくなりました!

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、シラチャの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)