Blog

arche+ 04月号【髪バナ2 (no.38)】

No.38 肌色に合うヘアカラー選び

こんにちは、URU SALON スタイリストの森です。今月から、髪バナコラムに登場させていただくことになりました。どうぞ宜しくお願い致します!今回は、肌色に似合うヘアカラーについてお話しします。

 髪色やコスメの色、着ている洋服の色が「なんか自分にしっくりきていない…」と感じることはありませんか?これは、自分の肌色に合わない色を無意識に身につけてしまっているからかもしれません。人の肌にはイエローベース、ブルーベースと、大きく2つの肌色タイプがあります。あなたはどちらでしょうか?
 イエローベースは、黄色いフィルターをかけたような、黄色みを帯びた温かみのあるイメージの肌色。ブルーベースは、青色のフィルターをかけたような、青色みを帯びた、涼しげで爽やかな肌色です。URU SALONでは、カラーする際、肌色や髪、顔のタイプをみてパーソナルに診断し施術します。

今回のモデルさんはイエローベースのオータムさん。おちついた深い色のヘアカラーが似合うはずなのに、タイの紫外線で髪色が黄色く退色しています。今回は、URU SALONのヒアルロン酸たっぷり「つやつやカラー」で、深みのあるマットなリッチモカブラウンをミックスさせました。ヘアカラーを肌色に合わせることで、血色がよくみえますね。

 

森 かずき (ヘアスタイリスト)
日本では、南青山と京都のサロンで勤務後タイへ。シャンプーソムリエの資格を持ち、お客さまの髪と頭皮の健康を、シャンプーからご提案。タイでのシャンプー選びにお困りの方は、お気軽にご相談を!ヘアケアマイスターの資格もあり、幅広いヘアケアの知識がある。京都のサロンでは売り上げNo1の人気スタイリストとして大活躍。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリアの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)