Blog

arche+ 1月号【髪バナ2 (no.23)】

明けましておめでとうございます。 URU SALON スタイリストの布施です。新年1回目は、最近気になるヘアドライヤーについて書いてみようと思います。実はこれ、URU SALONのお客さまとのお話でもよく出るネタなんですよね。以下、今話題のドライヤーと、皆さんの使用後の実際の感想をまとめましたので参考にしてみてください。

● ナノE (パナソニック)
“ナノE効果” で髪と地肌の水分バランスを整え、キューティクルを引き締めて艶のあるしなやかな髪へ導くという製品です。風が強く、乾いた後しっとりした仕上がりになるようです。価格は、特別なドライヤーと考えれば高すぎず、トータルで良いという評価でした。

●ヘアビューザー ヘアビューロン (リュミエリーナ)
“奇跡のドライヤー” として彗星のごとく現れた、バイオプログラミングという特殊な技術を使ったハイテクドライヤーです。ドライヤーというよりはヘアエステ機器ですね。水分バランスを整えながら髪を乾かすので髪が傷みません。風が少し弱いとの感想もありますが、細胞レベルに働きかける特殊な風で、髪も顔の肌もしっとり。URU SALONでも販売していますし、お試し使用もできます。

●スーパーソニック (ダイソン)
低温で、風の強さで髪を乾かすのが特徴。マイナスイオンの風で髪をしっとりさせるという製品です。風が強いと乾かす時間が短縮されていいと評判ですが、風が強すぎてブラシを使ったブローには向いていないようです。圧倒的なデザインの良さが特徴ですが、形状が特殊なので慣れるまでは使いづらい…との意見も。価格も高めです。

● 復元ドライヤー (ルーヴルボーテ)
“育成光線”という身体や髪を元気にするエネルギーと、活性酸素を除去したり細胞を元気にする “マイナス電子”という2種類のエネルギーを使って髪を乾かすという世界初の製品。低温なので乾かすのに時間がかかるという意見がありますが、使用後は髪と肌がしっとり。


ドライヤーを、単なる“髪を乾かす道具”ではなく、“エステ効果もある美容機器” として展開している製品が増えましたね。また最近の傾向として、髪を“熱” 以外の方法でいたわりながら乾かすというのが主流になってきています。 やはり、時代は美髪! ツヤのある美しい髪は女性を若々しく見せてくれますよね。携帯電話がスマホの登場で一変したのと同じような変化が、ヘア器具業界でも起こっているかも…!

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、シラチャの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)