BLOG

タイのオーガニックシャンプー

こんにちは、URU SALONスタイリスト兼シャンプーソムリエの森です。

髪にも良いことでおなじみの「コブミカンを使ってオーガニックアロマをしてみよう!」と、店長が思い立ち、市場でコブミカンを大量に買ってきたので、URU SALONは期間限定で柑橘系のいい香りがしています(^ ^)
その模様がこちら…

買ってきたコブミカンを絞って、アロマで炊いてます。完全なオーガニックなので、使えるのは1か月くらいですかね。

そうそう、オーガニックといえば…
タイに来て僕がすごく気になっているのが、「私はオーガニックのシャンプー使っているのですが、なんかキシキシして微妙です…」とおっしゃるお客さまが結構いらっしゃるということです。
オーガニックなのにどうしてキシキシになるのでしょうか?髪が傷んでいるのでしょうか…??

タイにはオーガニックと謳っているシャンプーが沢山あります。ココナッツや、フルーツなどの原料大国ですからね(^ ^)
そして一本70Bとか100Bといった、すごく安いオーガニックシャンプーもあります。

しかし、どれも、どうしてこんなに “期待値以下” なのでしょうか…?
シャンプーソムリエの僕がタイに来てちょうど1年が経ちましたので、「そろそろブログで言うときが来た!」(笑)と思いましたので、今回はタイのオーガニックシャンプーの解説をしようと思います。

まず、世間では “オーガニック” というフレーズがかなりヒットするようになりましたね。しかし、オーガニックシャンプーと名乗るのには明確な定義がございません。
ですから、“オーガニックシャンプー” として売られているものが、オーガニックの成分がほんの少しだけ入っていて、更に、髪の毛の栄養になるかも定かではない、フルーツや植物の汁やオイルを微量入れただけの原価の安いシャンプーである可能性もあります。

「使ってみて、キシキシする」
「髪の毛が傷んでいる気がする」

そう感じるようなら、そのオーガニックシャンプーは髪の毛にデメリットを与えているかもしれません。

例えば、“アルガンオイル” や “ホホバオイル” といった、髪の毛に直接つけるタイプのオーガニックオイルは、髪を直接綺麗にしますし、コーティングして毛を守ります。
では、シャンプーにとってのオーガニックには何のメリットがあるのでしょうか…?
先ほどのようなオーガニック原料は、髪のコーティングやツヤ出し、スタイリングに効果を発揮することがありますが、頭皮と髪を洗うシャンプーに、絶大な効果を発揮したケースは実はまだ聞いた事がありません…
オーガニックを追求した高価なシャンプーでも、指通りや泡立ちが悪いものが多いです。

オーガニックのシャンプーで評判がいいシャンプーのほとんどが、完全オーガニックではなく、髪の毛に良い非オーガニック成分を多く含むものです。
お客さまからもよく “ノンシリコン” “オーガニック” “ボタニカル” のシャンプー全部使ったけど、なんかイマイチだった。と聞くことが多いです。

実際には、この3つの流行りのキーワードが、良いシャンプーのためのキーワードではないことが多く、良いシャンプーかどうかには、あまり関係ないのかもしれません…

もし、「ある程度のコストを使ってでも、髪にいいシャンプーを使いたい!」という場合は、美容師さんに “頭皮と髪質” と “ヘアスタイル” 、“髪色” を見てもらった上で、自分に本当に合うシャンプーを勧めてもらうのが一番いいのかなぁと思っています。

髪型だけでなく、毎日のシャンプー、ヘアケア、そして頭皮ケア、気になっている髪の悩み等、ぜひお気軽にご相談くださいね。

以上森ブログでした(*^^*)

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)