Blog

シャンプーの選び方あれこれ

こんにちは、バンコク店店長で毛髪診断士の布施です。

ウチのサロンで、お客さまによく聞かれる質問の一つに「どのシャンプーコンディショナーを使えば良いの?」というのがあります。
この疑問を持っている方、結構多いのではないでしょうか。そこで、今回はシャンプーコンディショナーの選び方について書いてみたいと思います。

ノンシリコンがいいの?
オーガニックがいいの?
ハーブがいいの?
低刺激がいいの?
―――順を追って説明しましょう。

uru1

まずシャンプーの選び方です。シャンプーは日本語で「洗髪」と言いますが、実際に洗うのは頭皮です。ですから、ここでは髪よりも頭皮に良いものを選ぶことをおすすめします。

乾燥肌の人は、乾燥肌用シャンプー
油が多い人は、オイリー用シャンプー
肌に異常がある人は、薬用シャンプーが良いでしょう。

次にコンディショナー、トリートメントの選び方です。
コンディショナーは基本的に髪の毛に付けるので、髪に良いものを選びましょう。髪が短くダメージが全くない方や髪のダメージよりも頭皮の問題の方が深刻な方は地肌に付ける地肌用のトリートメントを選んでもいいと思います。

髪が細くパサつく人はしっとりするモイスチャー効果の高いトリートメント
髪が太くて引っかかり、髪が梳かせない人は軽めでツルツルになるトリートメントが良いでしょう。

これは一般的な話で、ハイダメージの髪や深刻な乾燥肌には、シャンプートリートメント共に専用のものを選ぶことをおすすめします。

タイを含めた海外では、日本と違い、良いシャンプーコンディショナーは美容室でしか手に入らないので、美容室にいって自分に合ったモノを探してみてください。タイにある日系美容室の中には、自分の店のオリジナル製品を売るところもありますね。
一例として、URU SALONでは、以下のようなシャンプートリートメントを扱っています。

●オイリースキン用
●ドライスキン用
●肌が弱かったり炎症がある人用
●ストレートパーマ用
●髪をしっとりさせ、ダメージから髪を守るもの
●ハイダメージ用、トリートメント効果が高いもの
●毛穴の汚れ、臭いが取れるもの
●頭皮によい炭酸シャンプー

日本ではそんなに気にしていなかったのに、タイに来て水や紫外線量、シャンプーの違いから髪のコンディションが思い通りにならず、美容院でシャンプー購入をするようになったという方も多いと思います。髪や頭皮の悩みから、どういう製品を選べばいいのかわからないという方は、遠慮なくご相談くださいね。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、シラチャの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)