Blog

抜け毛予防は食事から !

こんにちは、バンコク店店長で毛髪診断士の布施です。

ウチの美容院に来店されるお客さまの悩みで最も多いのが「抜け毛」です。
これは、単なる加齢によるものだけでなく、バンコクに住むようになり、水、空気、食生活、陽射し、環境が変わった事によるストレスなどからおこるのですが、原因と推測されるものが複数あるのと、結果が表れるのに3ヶ月かかる為、原因を1つに絞るのは難しいです。

…となると、すべての事に気をつけるしかないですね。
今回はその中の1つで、最も重要な食生活について、お話しします。さて、髪に良い食べ物 悪い食べ物は何でしょうか。

まず、髪に悪い食べ物はなんでしょうか。
<油> これを取りすぎると皮脂腺から皮脂の分泌が多くなり毛穴を塞いでしまいます。
<砂糖> これを取りすぎると地肌に菌が湧きやすくなります。
<唐辛子> 少量を摂取して血行を良くすることで、毛や地肌に栄養を行きわたらせやすくする効果もありますが、逆に食べ過ぎると毛穴にも刺激があり、髪がカサカサになります。
<野菜不足> 栄養不足で血行が悪くなります。
また、食べ物ではありませんが、タバコを吸うとビタミンCが破壊され、血流が悪くなります。

では、髪に良い食べ物はなんでしょうか。
わたしたちの体と同様、髪もタンパク質でてきているので、白身魚、肉、大豆食品、乳製品のような良質なタンパク質を取ると良いです。日本人に「髪によい食べ物は?」と聞くと、「昆布」や「わかめ」といった海藻をあげる人が多いです。タイ人に同じ質問をすると「大豆」「豆類」という人が多いです。髪にいいのは良質なタンパク質なので、この場合、タイ人の認識の方が正解ですね!

uru3

基本的には、偏った食事をせずバランスの良い食事が大事になってきます。身体の健康は髪の健康に繋がりますので、南国タイの食べ物の特徴である、”甘く、辛く、そして油っこい” に日々気をつけて生活する事をオススメします。

 

(バンコク スクンビット・トンローエリア、シラチャの女性・男性用レディース・メンズ日系美容院美容室へアサロン URU SALON ウルサロン)